Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

パリ てくてく ある記

どこでも折り紙

           道端で・・・・

   



    友人がトイレに入りたいということで、使用中のトイレ
   の前で待つことしばし・・・
   後から来た子どもたちに持参の折り紙でコマを折って
   渡したら大喜びされました。
   トイレがなかなか空かなくてコマを3ヶ作りましたが
   子どもは4人。
   お姉ちゃんの分を作りそびれたのが心残りです。せめて
   折り紙だけでも渡せば良かった!!と気づいたのはその
   場を離れてしばらくしてからのこと。

    ところで トイレ事情は日本の方がはるかに便利。
   向こうではトイレは見つけた時に、利用しておくのが良策
   のようです。

    この公衆トイレについてはちょっとした話がありますが
   ここに書くのは控えることにします。
         興味のある方は聞きに来て下さい。
    
   
   

  





  • 2008.02.05 Tuesday
  • 13:58

パリ てくてく ある記

最後の食事

              ボリュウム満点!!

      





        最後の食事はホテルの正面にあるレストラン
      「マルコポーロ」でとることにしました。
       外の椅子席です。
       サラダとピザをそれぞれ一点ずつ頼んで、丁度
       3人分と言う感じ。
       5泊したホテルを見ながらゆっくり最後の食事を
       楽しみました。
       周りのお客は勿論これを1人で平らげているわけ
       です。とてもかないませんね。
        年末に見つけたマイ箸をパリにも持参、この店
       でも使ったところ係の女性が物珍しそうに見てい
       ました。
       馴染んだ箸いちぜん用意して行くと、便利ですよ。
       
        











  • 2008.02.01 Friday
  • 16:39

パリ てくてく ある記

木・木・木

           シナの木

      

           シナの木なのか菩提樹なのか・・・
          旅先で見知った木に出会える嬉しさは格別。

           

              勿論見知らぬ花も目の保養。
            流石プラス気温のパリです。
            旅の記憶は木や花の記憶。どこでも
            木や花があるとつい寄り道、覗き見。
             お仕着せの旅ではなく、自分の足で歩いた
            からこそ見つけた木・花。
            
             旅から帰って3週間が過ぎました。
            こちらはまだ一面の雪と氷、パリではどんな
            花が咲いているのでしょうね?
            
             
            
            
            
  • 2008.01.31 Thursday
  • 14:19

パリ てくてく ある記

ホテル

           重要文化財のロビー

       

               19世紀の建築で重要文化財に指定されて
             いるという金ピカのロビーです。
             部屋はどんなの?と思われるでしょう。
             それが それが・・・・
             金キラキンのロビーと部屋のトイレの落差には
             笑っちゃいました。
             
              駅のすぐ前のホテルだったので とても便利
             でした。
             交通規制をしているのか 夜の間殆ど車の音が
             聞こえませんでした。
              早朝に目が覚めベランダに出てみたら、丁度
             真上に「北斗七星」がクッキリ☆★
             ちょっと嬉しい思い出です。


               
  • 2008.01.28 Monday
  • 16:29

パリ てくてく ある記

空中遊泳

            初めての観覧車



         一度 乗って見たいと思っていた観覧車。
       まさか外国の街で乗るとは思ってもいません
       でしたが、二人が付き合ってくれたので乗る
       ことが出来ました。

        冬の観覧車は・・・やっぱり寒い!!
       フードも何もナシのむき出しですから。
       
        2周目の時 係員がニッコリ笑って私たち
       の籠に手を掛けたと思ったら、籠がギュイーン
       と回り始め、回りながら登って行く。
        ヒェ〜ッ!!ギャ〜!!
       怖くて・怖くて 暫らく目が開けられませんで
       した。
        まさか あんな所で空中遊泳するとは(@_@;)
        
          でも 面白い体験でした (^^♪




   
  • 2008.01.26 Saturday
  • 16:13

パリ てくてく ある記

夕食ー牡蠣

         レストランにて(2)

      

         夜の街をブラブラ歩いていて見つけたレストラン。
        一度は食べたいと思っていた牡蠣を注文。
        お味の方はと言いますと・・・う〜ん
        この店に関する限り釧路町の牡蠣に軍配が上がります。

         でも雰囲気の良いレストランでした。

    
             係りの人がよく通りかかる場所だったので、
           その度に片言の日本語で話しかけてくれて
           なかなか楽しいひと時を過ごせました。
           私は「トイレはどこですか?」とフランス語で
           訊ねて通じたのでエッヘン!!
           気を良くして階下に降り 用事を済ませて外に
           出てみたら・・・・アレもしかしたらこっちは
           男子トイレ?
           慌てて逃げました。誰もいなくて幸いでした。



  • 2008.01.24 Thursday
  • 18:38

パリ てくてく ある記

夕食

          レストランにて(1)

      一回位は予約してレストランに行こうと言う事で
     出かけました。同行のMさんがパリ在住のお友達に
     教えて貰ったお店です。

  

          少々 緊張して出かけましたが、庶民的な店
       で一安心。
       前菜にはフォアグラのサラダ・メインはチキンを
       頼みました。この写真はメインのチキンですが・・
        実はサラダとパンでかなり満腹。出て来た鶏肉
       の大きさと付け合せのジャガイモの多さに!!!
       ジャガイモだけで充分お腹がいっぱいになりそう
       な量なのです。
        食べ物は粗末にしちゃいけないと言うのが親の
       教えでしたので、何とか食べたいと思いましたが
       イモは殆ど残してしまいました。
       食材にも作ってくれた人にもご免なさい!の夜で
       した。
        ところで生まれて初めて口にしたフォアグラで
       すが・・・・・
       世界三大珍味もピンからキリまであるのでしょう
              きっと!!


        こうしてパソコンに向かっている後ろからガサゴソ
       音が聞こえます。無断で入り込んだネズミですね。
       昨日に続いて薬をもう一袋進呈して帰宅することに
       します。
       
    
  • 2008.01.23 Wednesday
  • 10:23

パリ てくてく ある記

朝食

                パリ日記ー11

           ホテルの朝食

    

              昔 行った時の朝食は クロワッサンとカフェオレ
            だけだったように記憶しています。
            それがフランス人の普通の朝食と聞いていたので、
            今回もそうだろうと思って行ったら大きく様変わり

             アメリカスタイルのヴァイキング方式で、パン
            だけでも10種類以上。
            ハム・チーズ・炒り卵・ゆで卵・ソーセージ・
            ベーコン・野菜
            飲み物もコーヒー・紅茶・牛乳・水・ジュース各種
            日本人用にはインスタントの味噌汁も置いてありま
            した。それにデザートとして果物とヨーグルト。

             パンとチーズがとても美味しくて、もっと食べたい
            のですが いかんせん そんなに食べられないのです。
             パンを少し多く食べたいと思ったらチーズやハム
            を減らし、ソーセージも諦めて と言うことに。
            横目で隣のアメリカ人らしい人を見ると、パンだけで
            も お皿に山盛り。勿論 別なお皿にはチーズやハム
            がテンコ盛り。
             人のお皿でお腹がいっぱいになりそうな気分で、目
            をそらしてしまいました。
            小さい胃袋がちょっと口惜しい気がします。
             
             でも 朝しっかり腹ごしらえして出かけられたので
            昼は軽く済ませることが出来ました。
            一つだけ残念なのは、全部のパンの味見をしなかった
            たことです。
             あの小さいハードなパンはどんな味だったのかな?

    本今日の本コーナー(204)「かしこいブタのロリポップ」

   

      *ディック・キング=スミス 作 *ジル・バートン 絵
         *もりうち すみこ 訳 *アリス館 ¥1300+税

        わがままで癇癪もちの王女が誕生日プレゼントに
       ねだったのは、やせっぽっちのみすぼらしいブタ。
       ところが このブタはとても賢いブタだったのです。
       しかも このブタの持ち主の少年も大層賢かったのは
       誰にとっても幸いでした。
           感じの良い楽しい読み物です。


         
                 



      
  • 2008.01.21 Monday
  • 16:55

パリ てくてく ある記

住み心地

           パリ日記ー10

         

 

        むこうは石造りの建物ばかり。
      住み心地や 耐寒性はどんな風
      なのでしょうね?

       このところ真冬日続きの当地です。
      私が住む木造APには家鳴りお化けが
      住み着いて おりまして・・・・
      夜ともなると、ギシッ・ガタッ・ミシッ!
      きしむ音が聞こえます。
      
       ただ きしむだけ、悪さをしないのは
      重々承知していますが、寝入りばなに
      ギシッ!と鳴るとドキッとして布団の中
      で身を竦めてしまいます。
     
       木造建築にはつき物のお化けでしょうが
      あちらの 頑丈そうな石造りの建物にも
      家鳴りお化けはいるのかな?

    本今日の本コーナー(203)「オバケだって、カゼをひく」

   

        * 富安陽子・作 * 小松良佳・絵
             * ポプラ社 ¥950+税
 
            何のはずみか別な世界に入り込んじゃった
           ぼくは、内科・オバケ科のホウズキ医院の
           鬼灯先生の手伝いをする破目に・・・・
           オバケや鬼もカゼをひくなんて知らなかったョ

             今年はオバケも妖怪もカゼをひきそうな
           寒い日が続いているので 皆さん気をつけてね!
  
            
             

       


  • 2008.01.19 Saturday
  • 17:43

パリ てくてく ある記

地下鉄

            パリ日記ー9

            地下鉄

       

              毎日 地下鉄で移動しました。料金は距離に
             関係なく均一料金で、区間内なら乗り継ぎも出
             来ます。
             ドアは乗降客が自分で開けます。閉じるのは自
             動。とても合理的なやり方だと思いました。
             
              私も一度自分で開けて降りました(^_^)/~
             不思議だったのは乗車券が回収されないこと。
             それで支障がないと言う事でしょうね。
             持ち帰った乗車券も パリ土産です(笑)

           本今日の本コーナー(202) 「バスにのって」

         

            * 荒井良二  * 偕成社  ¥1300+税

                 どこから来てどこへ行くのか?バスを待つ旅人。
              砂漠でしょうか。大きなトラックが通ります。
              馬に乗った人も通り過ぎて行きます。
              夜が来て・朝が来て いったい何時になったらバス
              は来るのでしょう?
                トントンパットン トンパットン・・・
              ラジオのスイッチをいれてバスを待ちます。
              ゆっくり流れる時間。こんな旅にも憧れますね。
                 
               

             

  
  • 2008.01.18 Friday
  • 18:03