Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

本屋です

絵本(1)

              「わたしの」

     

             * 三浦太郎  * こぐま社  ¥800+税

           わたしのいす・わたしのおちゃわん・わたしの・・
          単純な繰り返しですが、読むたびあったかい気持ち
          になる一冊です。
          実際にお子さんが生まれてから「赤ちゃんから絵本」
          を作り始めた三浦さん。これからもお子さんの成長と
          一緒に新しい本を作ってくれそうです。
 
 
           今日の本コーナーが毎日の記事に紛れてしまうので
          カテゴリーをわけたら?と友人から提案されました。
          言われてみたら本当にその通りで、何で今まで気付か
          なかったのだろうと自分の頭をコッツン!!
           今までの分はご免なさい。  
          
          
  • 2008.01.25 Friday
  • 17:21

元気の種

まあくん

         ほっぺを真っ赤にそめてやって来たまあくん



            3月生まれのまあくん、もうこんなに上手に立てます。
          これなら歩き出すのも間もなくでしょう。
          朝から開店休業してましたが、まあくんと遊んで元気
          をもらいました。
          次に会うときにはもう歩いているかな?
  • 2008.01.25 Friday
  • 17:04

パリ てくてく ある記

夕食ー牡蠣

         レストランにて(2)

      

         夜の街をブラブラ歩いていて見つけたレストラン。
        一度は食べたいと思っていた牡蠣を注文。
        お味の方はと言いますと・・・う〜ん
        この店に関する限り釧路町の牡蠣に軍配が上がります。

         でも雰囲気の良いレストランでした。

    
             係りの人がよく通りかかる場所だったので、
           その度に片言の日本語で話しかけてくれて
           なかなか楽しいひと時を過ごせました。
           私は「トイレはどこですか?」とフランス語で
           訊ねて通じたのでエッヘン!!
           気を良くして階下に降り 用事を済ませて外に
           出てみたら・・・・アレもしかしたらこっちは
           男子トイレ?
           慌てて逃げました。誰もいなくて幸いでした。



  • 2008.01.24 Thursday
  • 18:38

パリ てくてく ある記

夕食

          レストランにて(1)

      一回位は予約してレストランに行こうと言う事で
     出かけました。同行のMさんがパリ在住のお友達に
     教えて貰ったお店です。

  

          少々 緊張して出かけましたが、庶民的な店
       で一安心。
       前菜にはフォアグラのサラダ・メインはチキンを
       頼みました。この写真はメインのチキンですが・・
        実はサラダとパンでかなり満腹。出て来た鶏肉
       の大きさと付け合せのジャガイモの多さに!!!
       ジャガイモだけで充分お腹がいっぱいになりそう
       な量なのです。
        食べ物は粗末にしちゃいけないと言うのが親の
       教えでしたので、何とか食べたいと思いましたが
       イモは殆ど残してしまいました。
       食材にも作ってくれた人にもご免なさい!の夜で
       した。
        ところで生まれて初めて口にしたフォアグラで
       すが・・・・・
       世界三大珍味もピンからキリまであるのでしょう
              きっと!!


        こうしてパソコンに向かっている後ろからガサゴソ
       音が聞こえます。無断で入り込んだネズミですね。
       昨日に続いて薬をもう一袋進呈して帰宅することに
       します。
       
    
  • 2008.01.23 Wednesday
  • 10:23

!!!!

ネズミ年ですが・・・・

          カウンター脇の壁の向こうから突然物音が・・・
         どうやら招かれざる客 ドブネズミが入り込んだ
         ようです。
         今までにも寒い冬にはあることでしたが、こんな大
         きな音をたてて挨拶したネズミは初めてです。
         思わず「静かにしろ!」と壁をたたいたらチュ〜!
         と返事。
         居合わせたWさんと顔見合わせて「鳴いたよね〜?」
         「鳴いた!鳴いた!!」

        
           いくら干支の動物でも縁起が良いと喜ぶ訳
         にはいきません。
         床の隙間から 殺鼠剤を入れさせてもらいました。
         只 数年前に購入した古い物なので、賞味期限が
         切れている可能性もあるかも(笑)
           効いてくれるといいのですが・・・・
         

  • 2008.01.22 Tuesday
  • 19:11

パリ てくてく ある記

朝食

                パリ日記ー11

           ホテルの朝食

    

              昔 行った時の朝食は クロワッサンとカフェオレ
            だけだったように記憶しています。
            それがフランス人の普通の朝食と聞いていたので、
            今回もそうだろうと思って行ったら大きく様変わり

             アメリカスタイルのヴァイキング方式で、パン
            だけでも10種類以上。
            ハム・チーズ・炒り卵・ゆで卵・ソーセージ・
            ベーコン・野菜
            飲み物もコーヒー・紅茶・牛乳・水・ジュース各種
            日本人用にはインスタントの味噌汁も置いてありま
            した。それにデザートとして果物とヨーグルト。

             パンとチーズがとても美味しくて、もっと食べたい
            のですが いかんせん そんなに食べられないのです。
             パンを少し多く食べたいと思ったらチーズやハム
            を減らし、ソーセージも諦めて と言うことに。
            横目で隣のアメリカ人らしい人を見ると、パンだけで
            も お皿に山盛り。勿論 別なお皿にはチーズやハム
            がテンコ盛り。
             人のお皿でお腹がいっぱいになりそうな気分で、目
            をそらしてしまいました。
            小さい胃袋がちょっと口惜しい気がします。
             
             でも 朝しっかり腹ごしらえして出かけられたので
            昼は軽く済ませることが出来ました。
            一つだけ残念なのは、全部のパンの味見をしなかった
            たことです。
             あの小さいハードなパンはどんな味だったのかな?

    本今日の本コーナー(204)「かしこいブタのロリポップ」

   

      *ディック・キング=スミス 作 *ジル・バートン 絵
         *もりうち すみこ 訳 *アリス館 ¥1300+税

        わがままで癇癪もちの王女が誕生日プレゼントに
       ねだったのは、やせっぽっちのみすぼらしいブタ。
       ところが このブタはとても賢いブタだったのです。
       しかも このブタの持ち主の少年も大層賢かったのは
       誰にとっても幸いでした。
           感じの良い楽しい読み物です。


         
                 



      
  • 2008.01.21 Monday
  • 16:55

10k010k0釧路湿原

冬の楽しみ

              冬なればこそ・・・

           



     朝7時の気温が−17℃。湿原はもっと寒いと思います。
    真冬でなければ歩けないところ、どこまでも歩いて行けそう
    な気がします。
     下の写真はシャボン玉です。
    空中で凍って木道の上にフワリ下りました。
    昨年の冬は凍りませんでしたが、今年はご覧の通りです。
    空中で割れたシャボン玉が氷のカケラになって飛び散る
    のも綺麗ですよ。
     真冬のシャボン玉、どうぞお試しを!!

         極寒の湿原ですが、時々水が・・・

    

             時々水面が顔を出しています。
          雪がないので水面が見えますが、これで雪に隠れて
          いたら・・・・
          やはり油断は出来ません。


  • 2008.01.20 Sunday
  • 14:05

パリ てくてく ある記

住み心地

           パリ日記ー10

         

 

        むこうは石造りの建物ばかり。
      住み心地や 耐寒性はどんな風
      なのでしょうね?

       このところ真冬日続きの当地です。
      私が住む木造APには家鳴りお化けが
      住み着いて おりまして・・・・
      夜ともなると、ギシッ・ガタッ・ミシッ!
      きしむ音が聞こえます。
      
       ただ きしむだけ、悪さをしないのは
      重々承知していますが、寝入りばなに
      ギシッ!と鳴るとドキッとして布団の中
      で身を竦めてしまいます。
     
       木造建築にはつき物のお化けでしょうが
      あちらの 頑丈そうな石造りの建物にも
      家鳴りお化けはいるのかな?

    本今日の本コーナー(203)「オバケだって、カゼをひく」

   

        * 富安陽子・作 * 小松良佳・絵
             * ポプラ社 ¥950+税
 
            何のはずみか別な世界に入り込んじゃった
           ぼくは、内科・オバケ科のホウズキ医院の
           鬼灯先生の手伝いをする破目に・・・・
           オバケや鬼もカゼをひくなんて知らなかったョ

             今年はオバケも妖怪もカゼをひきそうな
           寒い日が続いているので 皆さん気をつけてね!
  
            
             

       


  • 2008.01.19 Saturday
  • 17:43

パリ てくてく ある記

地下鉄

            パリ日記ー9

            地下鉄

       

              毎日 地下鉄で移動しました。料金は距離に
             関係なく均一料金で、区間内なら乗り継ぎも出
             来ます。
             ドアは乗降客が自分で開けます。閉じるのは自
             動。とても合理的なやり方だと思いました。
             
              私も一度自分で開けて降りました(^_^)/~
             不思議だったのは乗車券が回収されないこと。
             それで支障がないと言う事でしょうね。
             持ち帰った乗車券も パリ土産です(笑)

           本今日の本コーナー(202) 「バスにのって」

         

            * 荒井良二  * 偕成社  ¥1300+税

                 どこから来てどこへ行くのか?バスを待つ旅人。
              砂漠でしょうか。大きなトラックが通ります。
              馬に乗った人も通り過ぎて行きます。
              夜が来て・朝が来て いったい何時になったらバス
              は来るのでしょう?
                トントンパットン トンパットン・・・
              ラジオのスイッチをいれてバスを待ちます。
              ゆっくり流れる時間。こんな旅にも憧れますね。
                 
               

             

  
  • 2008.01.18 Friday
  • 18:03

パリ てくてく ある記

おみやげ

         ユリちゃんのおみやげ
    

            可愛いシャープペンシル、ユリちゃんのおみやげです。
         小さい人が楽しい時に思い出してくれる・・・
         大人としてこんな嬉しいことはありません。
         ユリちゃん ありがとう!このシャープペンシルで手紙を
         書くので待っていて下さい。


 本今日の本コーナー(201) 「つみきつんで もっとつんで」



* 土屋富士夫 作・絵 * 徳間書店 ¥1400+税

    つみきが大好きなしょうちゃんが、つんで・つんで・・・
   どこまでも積み上げて行きます。
   さぁ!どこまで積めるでしょう?
    
     今日来てくれたユリちゃんの希望で読んだ絵本。
   このところ自分で読むので読ませてもらえなかった、
   ユリちゃんに久しぶりに読ませて貰いました。
   ユリちゃん 又聞いて貰えると嬉しいな!!

            パリ日記ー8

          夜の街

       



      昼も夜も歩き回りました。上はオペラ座だと思います。
     ホテルから歩いて行ける距離にありました。
     下はライトアップされた塔の上の像が、雲のスクリーン
     にくっきり写っているところです。
     もしかすると ここではよくある事かもしれませんが、
     私は初めて見たので かなりビックリしました。
      自分の足で歩き、行き当たりバッタリを楽しむ。
     今回は本当に旅をした気分にさせてもらいました。
       
      それもこれも英語と仏語を話せる友人達のお陰。
      まさにオンブにダッコの金魚のフンだった私です(笑い)



    
     







  • 2008.01.17 Thursday
  • 17:48