Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

ガヤガヤ通信

ガヤガヤ通信 癲234

       プー横丁住人 勝手なひとりごと

        

   2日〜9日 予定通りパリに行って来ました。昼も夜も地下鉄乗り継ぎ 
  歩き回り、快眠・快食、小さい子と手遊び 折り紙で遊んでもらい、時差
  ボケもせずに帰国。つくづく頑丈に出来ているようです。
   実質5泊6日、4ヶ所の美術館の他、市場や蚤の市でも買い物。
  友人達のお陰で言葉の心配はありませんでしたが、私もカタコトのフランス 
  語を使ってみました。簡単なあいさつ程度ですが、通じた時は嬉しくて何や
  ら大仕事をした気分。
  これらの言葉は今回の旅行のために覚えたものではなく、20数年前に行っ
  た時に案内の人に教えて貰ったもの。それが頭のすみにひっかかっていたこ
  とが嬉しい驚きでした。

   昔行った時には思わなかったことですが、私と同年輩、あるいはもっと
  年配の女性達がお洒落で素敵でした。堂々として恰好いいのです。
  それに比べて自分は?とちょっと考えてしまいました。今更顔の部品を嘆い
  ても無駄なのでせめて背筋を伸ばし、表情豊かに暮らしたいと思いました。
      (内面を磨こうと思わないところが我乍ら横着デス)
  それにしてもずっと1人暮らし・1人旅の私がこんなに長い時間を他の人
  達と過ごせたのも大収穫でした。他の2人がどう感じたかはわかりませんが
  私が楽しく過ごせたのはJさん Mさんのお陰です。
  本当に有難うございました。思い切って行って良かった!と思っています。

   これが最後の機会と思い 出かけたパリですが、又行ってみたいと欲が出て
  ラジオのフランス語講座を聞き始めました。
  いつか又行けたら・・その時には空港の検査が緩やかになっていますように!
        (パリから帰る時には靴まで脱がされました)
   誰もが安心して暮らせる平和な社会に一歩でも近づいていますように!と願
  わずにはいられません。 いつか又行けます様に!!

    *****************************
      
            神戸(拓人こうべ)に花を贈りました。
          36人で¥18000.スイートピィ 98本
          を贈ることが出来ました。
           16日に手配したので17日朝追悼会場にも
          持って行き分け合ってくれたそうです。
          ご協力有難うございました。

     ****************************

           子育てって何?  46  間所 邦子

       私は 今自分の子どもたちや孫たちが元気でいることを
      喜び感謝もしている。でもそれからあとのことが どうなる
      のだろうと思うと不安になってしまう。
       今 こうして文章を書きながら、そんな不安など口にでき
      ないと思ってしまう自分がいて、これは変だなあと思う。
      口に出来ないと思いながら文章にしているのだから。

       でも未来のために、今努力しようと思うのです。
      今の努力が 何になるのか・・・・がよく見えないのですが
      それでも、自分の子どもや孫たちのために 何もしないでは
      いられないのです。
      少しでも社会が平和で住みよい所となれば、私の子どもたちや
      孫たちも、そういう社会で生きて行けるようになるのではない
      か、と思うのです。

          

      ******************************

           〈愛されるために、ここにいる) かわだゆみこ

      あわただしかった年末年始も過ぎて、ふと図書館から借りて
      いた 雑誌をパラパラとめくった。
     その中に映画時評があって、沢木耕太郎氏が〈愛されるために、
     ここ にいる)という映画について書いていた。それはフランス
     映画で、主人公は与えられた人生を淡々と生きている(かに見える)
     ジャン=クロードという中年の男性だ(人生そのもがそうであるよ
     うに)この主人公の物語にもいくつかの脈筋(人とのかかわり)が
     あり、その中のひとつに私の心は大きく反応した。
    (ー略ー休日には ホームに入っている老父を訪ねてゲームの相手を
     する。父は老いる にしたがってますます気むずかしくなり、わが
     ままになっている −略ー老父は理不尽な言いがかりをつけては
     ジャン=クロードを怒らせてばかりいるのだ)と書かれていたのだ
      私の場合 相手は祖父(亡母の父・97歳)だけれど、幾度か
     私に対する理不尽な言動に心を痛め、涙を流し、怒りを感じたり
     自分の在りようを省みたり、祖父の現状を客観的に想ってみたりし
     ていたのだ。
      さっそくDVDを借りてきて観てみた。ジャン=クロードとその父
     との様子に、私と祖父によく似た本質を感じ、(人間とはこういうも 
     のなのかー)とふっきれたような気持になった。
      祖父はいわゆる偏屈でマイペースな人だ。以前「人間は何かにしば
     られているのが一番苦しいんだ」と言っていたことをふと思い出す。
     ホームや孫の私の世話にならなければならないことは、祖父にとって
     辛いことかもしれない。
     祖父と私が穏やかな時の恒例は「五目並べ」をすること。
     祖父が白石・私が黒石で「本気」の対局だ。
      さて、今年の行方はどうなることか?

         ***********************

         ぼくの湿原日記(4)  鈴木ちえ

        木道のすぐそばの木の枝にひっかかっているものがあった。
       カサでつついて落としたら鳥の巣だった。

    

         ぼくの両手におさまるくらいの小さな巣。
        こんなところに巣があるなんて知らなかったよ。
        ネイチャーセンターで見てもらったけど、何の巣かわから
        なかった。ザンネン!
        家に持って帰って湿原コレクションの仲間に入れた。
        ところが・・・何日かたったらハエがわいた。フタつきの
        ビンに入れてあって良かったけどサ。ハエは外に逃がした
        けど、ビックリしたナ〜!!
     

























  

   








  • 2008.02.06 Wednesday
  • 10:25

パリ てくてく ある記

どこでも折り紙

           道端で・・・・

   



    友人がトイレに入りたいということで、使用中のトイレ
   の前で待つことしばし・・・
   後から来た子どもたちに持参の折り紙でコマを折って
   渡したら大喜びされました。
   トイレがなかなか空かなくてコマを3ヶ作りましたが
   子どもは4人。
   お姉ちゃんの分を作りそびれたのが心残りです。せめて
   折り紙だけでも渡せば良かった!!と気づいたのはその
   場を離れてしばらくしてからのこと。

    ところで トイレ事情は日本の方がはるかに便利。
   向こうではトイレは見つけた時に、利用しておくのが良策
   のようです。

    この公衆トイレについてはちょっとした話がありますが
   ここに書くのは控えることにします。
         興味のある方は聞きに来て下さい。
    
   
   

  





  • 2008.02.05 Tuesday
  • 13:58

本屋です

絵本(4)

      「せんりゅうのえほん」

 

     *西本鶏介/編・文 *斎藤隆夫/絵 
       *すずき出版 ¥1100+税

   何かの本で「ヨーロッパの家庭には必ず
  詩集があるのに、日本では・・・」と言う
  文に出会って????
  何を根拠に言っているのか分からないけれど
  日本は短形詩の国。
  詩を生業にしている人は少ないかもしれない
  が、俳句・短歌・川柳をつくって新聞などに
  投稿している人は決して少なくないと思う。
   前置きが長くなりましたが、わかりやすい
  川柳に楽しい絵がついた一冊。
  川柳なんて子どもにわかるのかしら?と言う
  前に物は試し 読んでみて下さい!
   
       こんな句が収められています 
  「ころんだ こ おこされるまで まっている」
  「にさんにち はの ぬけた こは はずかしい」


  
  
 
  
  • 2008.02.04 Monday
  • 16:07

10k010k0釧路湿原

芽吹き

              バッコヤナギ
       



      まだ雪と氷の湿原、手も足もかじかむ寒さの中
     お日様の光あびて光る柳の芽。
     同じ北の地に生きるものとしてちょっと尊敬!!

                  遊び上手
          

             昨年末から歩き始めた2年生のマアくん
            遊び上手の本領発揮。
            一方弟のヒロくんはちょっと寒さがこたえたようで・・・
                  時々 オンブです
          

                15キロだそうです。
              ヒロくん 寒いのももう少しの辛抱ですからね。
              こりずに早起きして来てね!!





  • 2008.02.03 Sunday
  • 10:54

本屋です

絵本(3)

           「ふしぎなでまえ」

       

          * かがくいひろし * 講談社 ¥1500+税

              最近 気に入っている かがくい ひろしさんの
             新刊です。
             すっごく変な本ですが、こういうの大好き!!
             大人に聞いてもらって受けましたが、やっぱり
             子どもたちに読んでみたい本です。
             みんな どんな顔するかな?
  • 2008.02.02 Saturday
  • 15:40

パリ てくてく ある記

最後の食事

              ボリュウム満点!!

      





        最後の食事はホテルの正面にあるレストラン
      「マルコポーロ」でとることにしました。
       外の椅子席です。
       サラダとピザをそれぞれ一点ずつ頼んで、丁度
       3人分と言う感じ。
       5泊したホテルを見ながらゆっくり最後の食事を
       楽しみました。
       周りのお客は勿論これを1人で平らげているわけ
       です。とてもかないませんね。
        年末に見つけたマイ箸をパリにも持参、この店
       でも使ったところ係の女性が物珍しそうに見てい
       ました。
       馴染んだ箸いちぜん用意して行くと、便利ですよ。
       
        











  • 2008.02.01 Friday
  • 16:39

パリ てくてく ある記

木・木・木

           シナの木

      

           シナの木なのか菩提樹なのか・・・
          旅先で見知った木に出会える嬉しさは格別。

           

              勿論見知らぬ花も目の保養。
            流石プラス気温のパリです。
            旅の記憶は木や花の記憶。どこでも
            木や花があるとつい寄り道、覗き見。
             お仕着せの旅ではなく、自分の足で歩いた
            からこそ見つけた木・花。
            
             旅から帰って3週間が過ぎました。
            こちらはまだ一面の雪と氷、パリではどんな
            花が咲いているのでしょうね?
            
             
            
            
            
  • 2008.01.31 Thursday
  • 14:19

本屋です

絵本(2)

          「かようびのよる」
 
      

          * デヴィット・ウィーズナー作・絵 * 当麻ゆか訳
               * 徳間書店  ¥1400+税

                一体何が理由なのか 沢山のカエルたちが夜
               街中を飛び回る絵本です。
               今朝 4年生のクラスで読んで来ました。
               「エ〜ッ!!」カエルのアップ場面では「きもい!」
               の声も上がります。
                「このできごとは あるかようびに アメリカの
               とあるまちで じっさいに おこったことです」と
               言う文を読むと改めて「エ〜ッ!ホント?」の声。
                この本が出た時 毎週火曜日になるとベランダに
               出て見張っていた子がいるのも懐かしい思い出。
               
                絵がはっきりしていて遠目が利くので集団の読み
               聞かせにも向いています。
            
             
      
  • 2008.01.29 Tuesday
  • 17:27

元気の種

みうちゃん

             木馬に初挑戦

       

            夕方来てくれた隣町のミウちゃん。
          赤いマントもかっこよく木馬に乗ってギッコン・ギッコン
          最初は緊張してましたが、少しづつ馴れて笑い声も・・・
           今度は春採湖畔も一緒に歩きましょうね!!
  • 2008.01.29 Tuesday
  • 17:18

パリ てくてく ある記

ホテル

           重要文化財のロビー

       

               19世紀の建築で重要文化財に指定されて
             いるという金ピカのロビーです。
             部屋はどんなの?と思われるでしょう。
             それが それが・・・・
             金キラキンのロビーと部屋のトイレの落差には
             笑っちゃいました。
             
              駅のすぐ前のホテルだったので とても便利
             でした。
             交通規制をしているのか 夜の間殆ど車の音が
             聞こえませんでした。
              早朝に目が覚めベランダに出てみたら、丁度
             真上に「北斗七星」がクッキリ☆★
             ちょっと嬉しい思い出です。


               
  • 2008.01.28 Monday
  • 16:29